脳血管できるコブとは|体への負担を考える必要がある|自律神経失調症の症状を改善

体への負担を考える必要がある|自律神経失調症の症状を改善

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

脳血管できるコブとは

看護師

脳疾患はほとんどが命に関わる症状が出るものが多く、初期症状があってもなかなか気づけないものですが、脳動脈瘤と呼ばれる症状もその中の一つです。脳動脈瘤は脳の血管に血栓のようなものができたり、遺伝的な血管の形によって発症するもので、主にCTスキャンやMRIによる検査で発見されます。会社で勤務していると基本的には年1回から2回の定期健診があり、主婦などの場合でも1年に1回は人間ドックを受ける方が多いです。しかし、定期的な検査にはいくつかのオプションがついていることがあり、脳に関する検査はそのオプションの一つとして希望しなければ受けられないことが多いです。別途料金が必要となりますが、自覚症状がなく突発的な発症しやすい脳動脈瘤のような脳疾患を発見できることを考えると、定期的にCTスキャンやMRIによる脳の検査を受けることが大切といえます。

脳動脈瘤の原因は明確にはなっていませんが、血栓やもともとの血管の形が影響を与えており、血液の流れが滞ることでコブのようなものが生じるという症状は明らかになっています。一見そのまま脳梗塞や脳出血などの重篤な疾患に至りそうと思う方が多い脳動脈瘤ですが、実際には軽症な例も多くあるということは大切な知識です。脳にできたコブが肥大した場合、頭蓋骨や脳の他の部位が圧迫を受けてその他の脳疾患に繋がるためすぐに治療が必要ですが、長期的な検査でコブの肥大が見られない場合は経過観察を行っていきます。実際に脳動脈瘤があっても全く症状は出ず、時間とともにコブが縮小したり消失することもよくあるため、脳動脈瘤と診断を受けても不安になりすぎず、医師のアドバイスをしっかりと聞くようにしましょう。